インプロについて

インプロとは?

インプロとは即興演劇のことを指します。

役も脚本も決まっていない中、お互いの中から生まれたアイディアを受け入れ合い、今まで誰も見たことのない新しい物語を紡いでいく演劇です。もともとは役者のトレーニングで行われていました。

インプロは、誰でも行えることが1つの特徴としてあります。ワークショップやショーの形式で行われることが多いです。

ワークショップでは
どんなことをするの?

workshop1

ワークショップでは、簡単なルールのあるインプロのゲームを行います。インプロのゲームは、そのルールにあわせて楽しんでいると、自然とコミュニケーションに関して学べる仕組みになっています。

ゲーム例

ワンワード

ルール:「昔々」「あるところに」…という様に、1人1文節ずつ繋げて物語を紡ぐゲームです。文脈に沿わないアイディアが出てやりづらくなったり、面白くなくなったりしたら、参加者は「もう1回!」と元気よく叫んで、また全く違う話を最初から始めます。
ねらい:このゲームでは、お互いを受け入れあっていくこと、勇気をもって未知にとびこむことなどを学べます。

work1

わたしは木です

ルール:3~4人のチームで行います。
A「私は木です」と木を体で表現します。
B「私は山です」と木と関連するものを表現します。
C「私は鳥です」…
というように、チームで1つの絵を完成させます。思いつかなかったら「もう一つの山です」と言ってもOK!
ねらい:このゲームでは、どんなアイディアでも相手に受け入れられることや、相手の様子に合わせて自分が変化することを学びます。

work2

対象はだれなの?

未就学のお子様~お年寄りまで幅広く行われています。私がよく行うのは、未就学、小学生、親子、発達障害を持つお子様向けのワークショップです。
活動の様子はこちらからどうぞ!

ショーではどんなことをするの?

即興で演劇を行います!役やシチュエーションだけを決めて行ったり、感情から始めたり、まったくなにも決めずに始めたりもします。お客さんからお題やセリフをもらって行う、参加型のものもあります。

カナダやアメリカではインプロ専用の劇場もあり、満席になるほど人気です。日本でも近年いろんなインプロチームが出てきていて少しずつ盛んになってきています。